2010年07月18日

夏のめまいに五苓散

前回のブログでは、水分が多いことがめまいの原因というお話をしましたが、水分だけでなく他の要因が影響することにより起きるめまいもあると思います。特に今の時期は夏なので外気温が上がり、それにより体内に熱が蓄積します。体内の裏あたりにある水分と、主に表近くに存在する熱の影響で、気が動揺しめまいを引き起こすようです。



五苓散は、口が渇いたり、小便が出にくい時によく使われますが、このようなめまいにも効果があり ます。金匱要略痰飲病編には「仮令ば、痩人臍下に悸あり、涎沫を吐して癲眩す、此れ水なり、五苓散之を主る」の記載があります。癲眩がめまいのことです。夏のめまいには五苓散は意外とよく効くかも。


ブログランキングに参加しています。1クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】
posted by ゴン at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方処方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。