2011年05月15日

漢方薬はどこまで効く?

「JIN-仁-」というドラマが人気のようです。現代の外科医が幕末の時代にタイムスリップして、そこで現代の医術を駆使して、いろんな人のいろんな病気を治すというストーリーです。外科医なので、手術するケースが多いです。


このドラマですと当時の医学では治せない病気は現代の医学なら治せるという印象が強く出ていますが、はたしえそうでしょうか。


当時の医学の主流は漢方医学でした。今は端の方に追いやられていますが、このドラマの中では本道となっています。いろいろな病気に漢方薬が使われていました。ドラマでも生薬が登場します。実際、現代の輸液や注射の代わりになるような処方もあったと聞いています。昔の治験例を読むとこの病気にこんな処方を使うかと思うものもありますが、抗生物質や手術がなかった時代の治療家の苦労が感じられます。


もし私がタイムスリップするなら、漢方が医学の中心であった、江戸時代前中期の日本か、漢方が出来上がったころの中国に行きたいですね。

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
posted by ゴン at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方の特質 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。