2010年07月28日

熱中症には白虎加人参湯が効く。

毎日暑い日が続きますね。ひところの猛暑日の連続ではないにしても、寝苦しい夜が続きます。こんな時期は、熱中症にならないように充分な水分を摂って下さい。


熱中症によく使う漢方薬といえば白虎加人参湯が考えられます。前回の糖尿病にも使われますが、口が渇いて水が飲みたい、汗をよくかいて、そのために排尿が少ない、身体がほてって熱いなどの症状を改善します。もちろん熱中症の場合は体を冷やし、水分を補給し、必要ならば病院に行くのは言うまでもありません。


白虎加人参湯は金匱要略の「痙湿暍病編」の暍病(えつびょう)に記載があり、からだの熱を下げたりのぼせを取ったりします。石膏の冷やす力が強いようです。


石膏は天然の石で、精製せずにそのままの状態で使います。精製してしまうと解熱作用がなくなってしまうようです。不純物がある方が効果があるようです。

ブログランキング参加中です。クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログ 漢方へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ

target="_blank">ブログランキング【くつろぐ】
posted by ゴン at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方処方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157759948

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。