2011年02月19日

チョコレートにも薬効が?

2月14日はバレンタインデーでした。このブログをお読みの男性の方々は、チョコレートをもらわれたでしょうか?今回はそのチョコレートのことを書きます。


今はチョコレートといえばお菓子ですが、その昔チョコレートは「ショコラ」と呼ばれ、薬として扱われた時代がありました。今でもチョコレートを作る職人のことをショコラティエといいます。チョコレートにはポリフェノールが含まれており、そのため抗酸化作用があります。チョコレートのシンポジウムによるとストレスの予防、胃潰瘍の防止、免疫力の向上などがあるとされています。


古くはメキシコのアステカ文明のころ、皇帝が不老長寿の薬として飲んでいました。スペインのによりヨーロッパに伝えられ、そこから全世界に広がっていったようです。日本へは江戸時代にオランダとの交易により長崎に伝えられています。


チョコレートはカカオからつくられますが、ココアの原料もココアです。ココアをよく飲む人は、飲まない人に比べて、インフルエンザにかかりにくく、かかっても治りが早いという報告もあります。


チョコレートを食べ過ぎると虫歯になったり、糖分をとりすぎるという心配もありますが、食べる量はご自分で調節する必要があるでしょう。ただ、先程のシンポジウムの報告では、『「他の菓子と比べて虫歯になりにくい」という研究結果が報告されている。』と書かれています。疲れたときは時折チョコレートをかじるのもいいかも。

ブログランキングに参加しています。よろしければ1クリックお願いします。
にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

ブログランキング【くつろぐ】
posted by ゴン at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 養生法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。