2011年03月18日

東日本巨大地震

東北地方で大きな地震が起きました。津波による甚大な被害が出ています。被災された方には心よりお見舞い申し上げます。


避難所ではいろいろな物資が不足しているようです。薬剤師としての立場から言うと、薬が不足しているということが気にかかります。怪我をしている人を治療するための救急用医薬品の不足や、持病を治すためにずっと飲んでいた薬が手に入らなかったりしているようです。薬を続けて飲まなければ、せっかく良くなっていた症状がまた悪化してしまいます。


日本薬剤師会やいろいろな製薬会社が薬を被災地に送ることも必要なのかなと思いますが、そこまでいくルートがまだ確保されていないようです。


また製薬会社の工場が地震で壊れ、供給が出来なくなっている薬もあります。そこでしか作っていなかった薬なので、今非常に困った状態になっています。


被災地の一刻も早い復興を願っています。
posted by ゴン at 00:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。